患者様の情報

70代 男性

病名

  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)
  • 隣接椎間障害
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

脊柱管狭窄症に対して外科的手術(脊椎固定術)を施行されている患者様です。
手術後は日常生活も問題なく行われておられましたが、最近になり腰痛と神経痛が再発し、歩く事もままならない状態となられ、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

写真腰のレントゲン検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ておりますが、このレントゲン写真では既にボルトが挿入されており、その結果ボルトが入っている上下の骨に負担が生じている状態になっており、脊柱管狭窄症の再発が出現したものと推測します。
そのような状態をFBSS(脊椎術後疼痛症候群)隣接椎間障害と言います。


施術内容

DST法

負担の増えた椎間板に対して検査と治療を行う事で、神経症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L1/L2、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

ご本人様より、治療の様子を見たいとのご希望がありましたので、局所麻酔のみでの治療となっております。

治療の様子はこのように、モニター画面を用いてご説明させて頂きました。

患者様もご覧になられた動画です。
黒く映っている部分にDST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は20分程度であり、2時間後には歩行して帰宅していただきました。


院長より一言

昨日、日曜日は非常に天気も良く、家族を連れてゴルフ練習場に行ってまいりました。
嫁も子供もゴルフ練習をさせ、良い運動となりました。
根を詰めると腰にも悪いですから、程々にしてお開きとしております。
私は中国の故事が好きなのですが、「中庸」という言葉があり、何事も程々が最良だという意味になり、まさしくその通りだと思います。
当院の治療後に腰痛や神経症状が改善なされても、無理をなさらず楽しんでいただければと思っております。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)