患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

3年ほど前より、両足の大腿裏側に神経痛が出現され、腰に負担をかけると神経痛が強くなる状態になられました。
最近になり、頻回に両足の痙攣(こむら帰り)が出現するようになり歩けない状態となった為に、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では、4箇所の椎間板が変形し潰れており、その結果足の神経が圧迫を受け脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

変形し潰れた椎間板を検査しDST(ディスクシール治療)を行う事で、足の神経症状の改善を図ることと致しました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

今回は痛みに敏感な患者様であられましたので、お声がけをしながら十分な量の麻酔を使用し治療にあたりました。

早く治療を済ませたかったのですが、骨の変形も強くございましたので、治療用の管を挿入するまで少々手間取り、管の形状を変化させているところです。

当初、患者様は治療の様子を見られる予定でしたが、急遽見られないとの事から動画で記録を残しつつ治療を行いました。

実際の記録動画となります。
黒く映ってくる部分にDST(ディスクシール治療)を行っております。

治療時間は20分程度かかりましたが、問題なく治療は終了しております。


院長より一言

4月29日は休日ですが、治療予定の患者様が多数おられましたので、治療を7件行いました。
4月は休日が無く、フル稼働でしたので少々疲れも溜まっております。
5月1日より休日を頂きますので、英気を養いたいと思います。
尚、連休中も受付電話は行っておりますので、ご用命の患者様はご相談いただければと存じます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。