患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

2年ほど前より、立っている時や歩いている時に足に痺れを自覚されるようになられました。
近くの整形外科では、脊柱管狭窄症と診断されましたが、歩けない様になれば外科的手術を検討するように指示を受けておられました。
しかし、年々痺れが悪化する状態で、スポーツもできないことから当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
腰椎とクッションの傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では3箇所の椎間板が潰れており、足の神経も圧迫を受けており脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

椎間板に検査を行い、DST(ディスクシール治療)を行う事で症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

ご本人様より鎮静剤を使用して、寝た状態で治療をしてほしいとのご希望がございましたので、治療前に寝ていただきました。

寝ていただいた後も局所麻酔薬を用いながら、治療用の管を挿入していきます。

椎間板の検査を行っているところです。
黒く映った部分がDST(ディスクシール治療)の必要なところとなります。

治療時間は15分であり、治療終了と同時にお目覚め頂きました。
「完全に寝ていた」とおっしゃられておりました。
その後2時間後に帰宅となっております。


院長より一言

最近、非常に忙しくしております。
本日の治療件数は4件となりましたが、内2件が良くなった患者様からのご紹介でありました。
ご紹介いただいた患者様の事も思いながら、慎重に治療をさせて頂きました。
引き続き、ご信任が得られるようしっかりと治療を行う共に、治療成績の向上に努めてまいりたいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。