患者様の情報

60代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

もともと運動がお好きで、特にバスケットボールなどをよくされておられましたが、10年前より膝より下の部分にしびれが出現するようになり、運動が十分にできなくなってしまわれました。
近くの整形外科では椎間板ヘルニアと診断され、内服薬がだされるも改善が乏しい状態が持続している事から、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって左側がお腹側、右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
このMRI検査では第5腰椎と仙骨の間にある椎間板が潰れており、下肢の神経症状の原因と考えられます。


施術内容

DST法

潰れた椎間板をDST(ディスクシール治療)により、修復再生させることで神経症状(痺れ)の改善を図ります。
痺れの改善に関して有効率は73%となっております。
今回は腰部椎間板L5/Sの1箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

鎮静剤は使用せず局所麻酔のみでの治療をご希望されました。
しっかりと麻酔を行っております。

椎間板が潰れている為、治療用の管を挿入する際に工夫が必要となりました。
この写真では悩んでいるところになります。

椎間板の検査を行っているところです。
黒く映る部分がDST(ディスクシール治療)を行うべき箇所となります。
治療時間は12分であり、2時間後には帰宅していただきました。


院長より一言

最近、非常に忙しくしております。
朝7時前にクリニックに入り、遠隔画像相談等のデータ入力を行い、診察から治療を行い、昼食は取れない日々が続いております。
私事ではありますが、健康診断(人間ドック)を受ける事に致しました。
全身を検査する事はあっても、検査される事は初めてであり、少し緊張しております。
皆様も健康には十分ご留意していただければと思います。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。