患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

2年ほど前より、長時間歩くと坐骨神経痛が出現するようになられました。
近くの整形外科では脊柱管狭窄症と診断をされ投薬での治療が開始されておられました。
最近になり歩行距離が短くなられ、生活にも支障が生じる状態になられたことから当クリニック受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI検査では椎間板が薄くなっており、足の神経が圧迫を受けており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

損傷した椎間板をDST(ディスクシール治療)により修復治療することで、脊柱管狭窄症の症状である坐骨神経痛の改善を図りました。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/Sの3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様はご高齢で少し難聴もございましたので、ゆっくりと局所麻酔を行い、びっくりされない様に配慮しながら治療を開始いたしました。

痛みを自覚されることがほとんどなく、治療用の管を3箇所の椎間板に挿入しております。

椎間板の中を検査しているところです。
黒く映ってくる部分にDST(ディスクシール治療)を行っております。
また治療中も痛みを自覚されることはありませんでした。
治療時間は19分であり、2時間後に歩いて頂き、帰宅となりました。


院長より一言

本日は手術日となっておりましたが、外来患者様の予約待ちが多数ございましたので、急遽当院の石田医師による腰痛外来枠を設けさせていただきました。
手術患者様と外来患者様が多数お越しになられ大変忙しい一日でありました。
最近はほとんど休みもなく頬がこけそうな位です。
そこでこの度、新しく腰痛専門医に声をかけて、医療スタッフの充実化を図る予定としております。
医師の赴任が決定しましたら、皆様にもご紹介したいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。