患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

5年前に足に痺れが出現し、電車のホームで転倒されました。
その後も痺れが改善する気配は無く、続いて腰痛が出現し夜も眠れない状態になられました。
特に起床時に神経痛が強く、壁伝いに歩く状態になられたために当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しています。
また、腰椎と椎間板のすぐそばを足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI検査では、複数の椎間板が潰れ、足の神経の通り道も寸断されて状態になっております。
この様な神経の状態を脊柱管狭窄症と言い、坐骨神経痛の原因となります。


施術内容

DST法

潰れた椎間板をDST(ディスクシール治療)により修復し、腰椎を安定化させることで脊柱管狭窄症の症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、部分麻酔により痛みを取り除いた後に治療用の管を椎間板まで挿入しております。

椎間板が潰れておりましたので、管の形状を変化させる必要がありました。

管が椎間板まで挿入された後は、検査をおこないつつDST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は16分であり、痛みもさほど強くなく、2時間後には歩いて帰宅していただきました。


院長より一言

本日治療にお越しになられた患者様が、2年ほど前に当院でDST(ディスクシール治療)をされた患者様(淡路島の瓦職人の社長様)からのご紹介でありました。
私もその患者様を記憶しておりまして、年配の方ではあられましたが、今も現役でお仕事をされておられると聞き安心いたしました。
引き続き、質の高い治療を提供し、患者様方にご紹介していただけるよう研鑽に励んでまいりたいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。