患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

約4年前に脊柱管狭窄症と診断を受けられましたが、リハビリ等で症状の改善を図られておられました。
しかし昨年11月頃に少しの油断から腰を痛められ、以後、足に痺れと痛みを自覚されるようになられました。
この度、外科的手術以外の方法を模索され、当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、足の神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI検査では複数の椎間板が薄く潰れており、足の神経も圧迫を受けている状態で、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

損傷している椎間板の原因を検査し、DST(ディスクシール治療)を行う事となりました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔のみで治療用の管を椎間板まで挿入しております。
途中、痛みが出現してしまい、慎重に管を操作しております。

患者様にお声がけをしながら治療を行っております。

椎間板の検査を行っておりますが、しっかりと椎間板の損傷部位が黒く映っており、DST(ディスクシール治療)を行う事が出来ました。
治療時間は4箇所の治療で16分程でした。
また、治療後は2時間ほどお休みいただき、帰宅していただいております。


院長より一言

本日はDST治療後約1年経過された、患者様(76歳女性)が来院されました。
坐骨神経痛は8割方改善されておられましたが、春になると庭のお手入れで草むしり等が必要になる為、そのような作業をしても大丈夫か心配になられておりました。
検査と診察をさせて頂き、問題ない事をご説明し、安心していただきました。
この様に完全に症状が消失しない場合もございますが、生活の質を向上することができますので、お悩みの患者様がおられましたらご相談いただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。