患者様の情報

60代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

約10年前にギックリ腰が出現した後、何度か同様の腰痛発作を繰り返されていました。
最近になり下肢の痺れと痛みが出現するようになり、一時的に排尿障害まで出現するようになった為に当クリニックを受診されております。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しております。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
今回のMRI検査では2箇所の椎間板が潰れている状態であり、同時に足の神経も圧迫を受けており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

潰れた椎間板に対して検査を行い、治療可能であればDST(ディスクシール治療)を行う事としました。
今回は腰部椎間板L4/L5、L5/Sの2箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔を用いて痛みを取り除いた後、治療用の管を椎間板まで挿入しております。

管の位置を微調整しているところですが、椎間板が潰れている為、少し手間取りました。

検査の動画ですが、DST(ディスクシール治療)を行う為の情報を収集しております。
黒く映った部分が損傷部位となります。
DSTでは、薬の入れる量を間違えると合併症が出現してしまいますので、検査が非常に大切です。
治療時間は18分であり、2時間後には歩行し帰宅していただいております。


院長より一言

当院の椎間板治療においては、医師だけでなく、放射線技師および看護師に関しても相当の特異的な知識が必要になります。
当院の放射線技師の椎間板治療歴は6年以上、主任看護師においても7年以上の椎間板治療経験があります。
安全かつ正確に治療を行い、最大限の効果を得る為には、優れたチーム力が必要となります。
また受付スタッフにおいても、5年以上椎間板治療に携わっており、椎間板治療に関する知識を深め、的確に患者様に対してご説明ができるように教育を行っております。
この様に、日帰り治療を可能とするにはクリニックの総合力が一定以上必要となるのですが、結婚、出産等で育て上げたスタッフが休職する事もある為、毎年新規スタッフを受け入れ、患者様にご不便をおかけしない様に心がけております。
4月は教育期間でもあり、大変忙しく動き回っており、私自身も体を壊さない様に気を付けてまいりたいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。