患者様の情報

60代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

2019年秋頃より右の臀部に痛みが出現されました。
2020年1月には痛みが強くなり、しびれも出現する状態となられました。
近くの整形外科では鎮痛薬とリハビリを中心に行われていましたが、改善が乏しい状態であり、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では、特に2箇所の椎間板が潰れている状態であり、足の神経も複数の箇所で圧迫を受けております。
所謂、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

潰れた椎間板の機能をDST(ディスクシール治療)により改善することで神経症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

鎮静剤は使用せず、局所麻酔のみで治療を開始いたしました。
慢性的な神経痛があり、治療用の管を挿入する際に痛みを強く感じられましたので、通常より多く局所麻酔薬を使用させて頂きました。

治療用の管が挿入された後は、患者様の目の前にモニター画面をご用意し、検査や治療の説明を行っていきます。

検査の様子ですが、黒く映ってくる部分にDST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は16分であり、2時間後には歩いて帰宅していただきました。


院長より一言

暖かくなって参りました。
本日は47歳の男性が再診にお越しになられました。
椎間板ヘルニアに対してPLDD治療後、約2年経過されておられる患者様です。
右坐骨神経痛は完治しており、MRI検査でも明らかなヘルニア吸収を認めておりました。
来院された目的は、この春からゴルフを再開しても良いか?とのご相談でした。
腰の状態は◎でしたが、運動の為には体幹筋力の評価が必要になりますので、2Fの腰痛リハビリセンターにて体幹筋力を評価してもらいました。
その結果、体幹筋力も十分に運動対応できると判断いたしましたので、ゴルフは可能であるとご説明させて頂きました。
腰痛リハビリセンターは、直接当クリニックが運営をしているわけではないのですが、リハビリ専門医である笹山先生が監修し、私もアドバイザーとして参画している施設となりますので、信頼にたるリハビリを患者様に提供できていると判断しております。
引き続き患者様のお役に立てるように質の高い治療を提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。