患者様の情報

30代 男性

病名

  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

18歳の時に重量物を持ち上げた際に、ぎっくり腰を発症されました。
その後坐骨神経痛が出現するようになり、28歳の時にヘルニア除去手術(内視鏡下髄核摘出術)を施行されましたが、最近になり症状が再発したため、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。 また足の神経も傍を通っております。
このMRI検査では4箇所の椎間板で色が黒くなっており、飛び出した様な変形を伴っていますが、椎間板ヘルニアと呼ばれる状態になっております。
その他椎間板の厚みも薄くなり、強く椎間板の損傷が疑われる状態です。


施術内容

DST法

椎間板ヘルニアの原因である椎間板の損傷を修復し、ヘルニアによる坐骨神経痛および腰痛の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔を用いて、治療用の管を挿入していきます。
患者様が不安にならない様に、お声をおかけしながら、処置をしております。

患者様より治療中の様子をご覧になりたいとの希望がございましたので、モニター画面を患者様の前まで移動し、検査とDST(ディスクシール治療)の様子をご説明させて頂いております。

検査の様子ですが黒く映ってくる部分が椎間板の損傷部位ですので、この部位にDST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は18分程度であり、2時間後には歩いて帰宅していただいております。


院長より一言

本日、再診の患者様がお越しになられました。
患者さまは76歳男性で脊柱管狭窄症による坐骨神経痛に対してDSTを行った方ですが、治療後2年経過しており、腰痛は8割方改善、下肢の神経痛も9割程度まで改善されておられ、運動(テニスとダンス)も再開できるまで改善がありました。
しかし、しびれが残存しておられ、何か対策が無いかご相談に来られました。
診察とMRI検査を行い、お話をさせて頂きましたが、しびれに関しては神経障害による後遺症である可能性が高く、完全緩解は困難であろうとご説明せざる得ませんでした。
部分的に症状が残存する事もあり、歯がゆい気持ちになります。
今後しびれに関する新たな知見や治療法があれば、海外研修項目に追加する予定にしております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。