患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

30年以上前より坐骨神経痛を自覚されていましたが、医師からは太りすぎたためと言われ、食事制限も行い減量に励んでおられました。
しかし、坐骨神経痛が徐々に悪化していく状態であり、ご趣味であられる剣道にも支障が生じる状態になられたことから当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経も通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では椎間板が薄く潰れており、脊柱管も狭くなっており、坐骨神経痛の原因となっております。


施術内容

DST法

椎間板を治療し、腰椎の不安定性を改善し、脊柱管狭窄症による症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様より鎮静剤の使用をしてほしいとのご希望がございましたので、治療前に寝ていただき、治療を開始いたしました。
この写真では、局所麻酔を使用しているところになります。

治療用の管を挿入し、位置の確認を行っているところです。
治療開始から6分程度経過しております。

椎間板の検査を行っておりますが、黒く映っている部分にDST(ディスクシール治療)を行いました。

治療時間は合計16分でしたが、患者様は寝ておられましたので記憶はありません。
しかし、治療様子を動画撮影しておりますので、目覚められた後に治療内容をご説明し、帰宅していただきました。


院長より一言

本日は関東と九州から患者様がお越しになられ、治療させて頂きました。
ご紹介を受けられ遠方から来られる方も多くございますが、治療成果をしっかりと実感していただくため、集中力を切らさずに診療にあたっているせいか午後の診察が終了しますとぐったりとしてしまいます。
昼食を取れていないことも影響しているかもしれません。
話はかわりますが、コロナ感染もピークアウトが見えてまいりました。
3月20日にまん延防止措置が解除されることをスタッフ共々期待しております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。