患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

3年ほど前より右足の太ももの裏側からふくらはぎにかけて、しびれと痛みが出現し始めました。
その後様子を見られていましたが、次第に足全体のしびれと痛みが広がり、特に座った状態から立ち上がる際と歩行時にしびれと痛みが強く出現する状態になられました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んでできており、腰椎と腰椎の間には椎間板と呼ばれるクッションが存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、その部分を脊柱管と言います。
このMRI写真では、椎間板の厚みが薄くなり、飛び出した様な変形(椎間板ヘルニアと言います)を認めます。
その他神経の通り道も狭くなっており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

薄くなった椎間板を検査し、DST(ディスクシール治療)により修復する事で脊柱管狭窄症の症状を改善させます。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/Sの3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。
本日の治療担当医は、石田先生となります。

局所麻酔により痛みを取り除き、治療用の管を挿入しているところです。

管の位置に間違いが無いかレントゲン透視装置を用いて確認します。

DST(ディスクシール治療)を行うための検査を行っているところですが、黒く映った部分にDSTを行っていきます。
治療時間は20分程度であり、非常にスムーズに治療を行う事ができました。


院長より一言

本日は治療件数が6件あり、大変忙しい一日でありました。
また6名の患者様の内、ご紹介で治療させて頂いた方が3名おられまして、非常にやりがいを強く感じる一日となりました。
やはり治療後の患者様よりご紹介いただき、治療させて頂けることはうれしいものであります。
ところで最近は当院の石田先生の成長が目覚ましく、治療に関しては申し分ない状態に成長しております。
今後もう1名治療担当医を増やす算段が付いており、日々医療体制が充実している事を実感しております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。