患者様の情報

80代 女性

病名

  • 第4腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

何年にもわたる腰痛があられましたが、2年前に突然に足の間隔が消失し、歩行すら困難となられました。
近くの大学病院に入院され、投薬とリハビリを受けられ、歩行が可能なまでしびれは改善されました。
しかし、四六時中しびれが続き、特に歩行時にはしびれが強く出現する状態が続いておられたため、この度当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
このMRI写真では3箇所の椎間板が潰れており、クッション機能が消失しております。
その為腰椎が不安定となり、腰椎の並びが前方にずれています(前方へのずれを腰椎すべり症と言います)。
その結果、足の神経が圧迫を受けてしまい、しびれの原因となっております。


施術内容

DST法

外科的に手術を行い固定術をする方法もありますが、大きな手術となりますので年齢的にも耐えられるか微妙なところです。
またお一人暮らしであることから入院は困難との判断し、椎間板治療を行い症状の改善を図る事と致しました。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/S1の3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様は不安も強くおありになられましたので、鎮静剤を使用し寝ていただいた上で局所麻酔を用いて治療を開始いたしました。

手早く治療用の管を椎間板まで挿入しているところです。
患者様は寝ておられますので、まったく記憶はありません。

造影検査を行い、クッションである椎間板の損傷を確認しているところです。
黒く映っている部分が損傷部位となり、この後DST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は18分であり、患者様に寝ていただいた時間は20分程でした。


術後

治療後2時間ほどベッドでお休みいただき、歩いて頂きました。
しびれに関しては6割程度改善しているとお言葉を頂きました。


院長より一言

昨日、開業している眼科医師(同級生)と電話していたのですが、コロナ感染が広がった1月末頃より患者様の来院がほとんどない状態だと言っておりました。
当院では若干のキャンセルは出ておりますが、3月中旬ごろまでは予約が埋まっている状態で、同級生からは仕事が出来て羨ましいと言われてしまいました。
しかし、コロナ禍で特に感染が拡大している中での診察は、感染予防対策やスタッフの体調管理と定期的な抗原検査等々、大変な精神的ストレスがかかります。
万一にでも患者様にクラスターを引き起こしてはならないからです。
どのような業種であっても同様だと思いますが、特に責任ある立場の方は大変な苦労をされていると思います。
早く感染状況が安定化し、少しでも自由に動ける世の中に戻ればと願いつつ、明日も目の前の患者様に集中をしていきます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。