患者様の情報

60代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • FBSS(脊椎手術後疼痛症候群)

患者様の状態

10年前に腰の手術をされていたが6年後に再発してしまい、お尻と両足に痛みやしびれが続いており歩けなくなってしまった為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見ると、この様に骨が縦に並んでいて、骨と骨の間にはクッションがあります。
骨の名称は腰椎 クッションの名称は椎間板と言います。そのクッション(椎間板)が黒くなっていて、変形していたり、潰れているところが2か所あります。この2か所がお尻や足の痛みの原因になります。


施術内容

DST法

腰椎L4/5・L5/S部分にDST2箇所の治療を行いました。
このクッション(椎間板)に治療用の管を挿入して、日帰り治療を行います、実際には造影検査を行って、くわしくクッション(椎間板)の状態を確認して、治療方法を決定していきます。

痛み止めを使用し、痛くない様に治療用の管をクッション(椎間板)に入れていきます。

治療用の管がしっかりと、入っているかレントゲンで確認しているところです。

約4分程度で、治療用の管が入りました。

検査を行いクッション(椎間板)の状態を確認しています。

検査後に治療を行っているところです。


術後

治療後は1時間程度、専用のお部屋でお休みいただき、歩いて帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

毎日の治療例の中からピックアップしてご説明しておりますが、最近は患者様にもわかりやすく理解していただけるように、文言にも気を使って説明をしております。
今後イラストなどを掲載する予定です。患者様の視点からも治療を行っておりますので、病気にお困りの患者さまは、お気軽にご相談いただければと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。