患者様の情報

60代 男性

疾患・症状


患者様の状態

10年以上前より椎間板ヘルニアによる足の痛みがあり、椎間板レーザー治療(PLDD)を受けられた事で痛みは改善していたが、最近になり痛みが再度出現したため来院されました。


診察と検査結果

治療風景①

腰の骨の間にあるクッションが、飛び出ており神経周囲で炎症を起こしています。クッションが飛び出ているところをヘルニアと言います。またクッション部分を椎間板といい、合わせて椎間板ヘルニアと言います。椎間板ヘルニアは足を支配する神経の周りで炎症を起こすため、足に痛みを感じるようになります。


施術内容

PODT法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にPODT3箇所の治療を行いました。

治療風景②

ベッドの上にうつ伏せになってもらいます。

治療風景③
治療風景④
治療風景⑤

痛み止めを使用し、背中の皮膚からクッションまで、治療用の管を入れます。レントゲンを見ながら、治療用の管を入れていきます。

治療風景⑥
治療風景⑦

治療中は患者様にも動画でご説明しております。

今回はオゾン治療(PODT法)を行いました、オゾン治療は椎間板内の炎症を鎮静化させる働きがありますので、椎間板ヘルニアによる神経痛にも有効です。
治療時間は20分程でした。


術後

治療後は1時間ほど安静にしていただき、帰宅となっております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

今回は一般の方にも分かりやすい言葉で、治療の様子を説明させて頂きました。来院していただいた患者様には、より詳しく説明しご病気の状態を理解していただいております。気軽に診察にお越しいただければと思います。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。