患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

自宅近くの整形外科で投薬治療をされているが症状の改善が無く、当院を受診されました。
ご希望は『日常の生活とスポーツが出来るようになりたい』との事でした。


診察と検査結果

第2腰椎と第3腰椎間の椎間板(L2/3)第3腰椎と第4腰椎の椎間板(L3/4)第4腰椎と第5腰椎の椎間板(L4/5)第5腰椎と第1仙骨の椎間板(L5/S)に変性とヘルニアを認めます。
また脊柱管狭窄の合併も認めます。
ご高齢であられましたので、外科的手術のリスクを気にされておられた事から、日帰り椎間板治療をご希望されました。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
L4/5の椎間板に損傷を認め、L5/Sは椎間板が潰れており、治療用の管を留置するのに、すこし難渋致しましたが管の形状を自作する事で1度目のトライで管を留置する事が出来ました。
その間しびれはありませんでしたが、治療に関してはすべてお任せをしていただいておりましたので、ご本人様は治療のご様子は観察されず、速やかに検査と治療を行いました。

治療時間は約15分でした。


術後

治療後は2時間ベッドでお休みいただき、治療の様子を、ご家族にも動画でご説明申し上げました。
今後早ければ1-2か月での症状改善が期待できる旨ご説明し、帰宅していただいております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当院の治療はお体への負担が少ない事から、御高齢の方や透析中の患者さま、抗がん剤治療中の患者さまであっても治療が可能ですのでお気軽にご相談いただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。