患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎不安定症

患者様の状態

5年ほど前よりお尻と足に痛みが出現し歩行に支障が生じていたが、今年に入り痛みが強くなり歩行距離が短くなってきたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は基本的に小さな骨(腰椎)が縦に並んでいるだけで出来ています。
しかし小さな骨(腰椎)がぶつかってしまうと骨が痛みますので、骨と骨の間にクッション(椎間板)が存在しています。
また傍には足の神経が通っています。 この写真では複数か所でクッションが潰れています。
またクッションが潰れている為に骨が損傷し、周囲にある足の神経にまで炎症が及んだ結果、坐骨神経痛が出現している状態でした。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S1部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッション(椎間板)を検査し治療することで神経周囲の炎症の改善を図ります。

局所麻酔により痛みを取り除いているところです。

クッション(椎間板)まで治療用の管を挿入し、検査と治療の準備を行います。
時間的には4-5分程度です。

治療用の管の位置を確認し、クッション(椎間板)の損傷程度を検査しています。

黒く映った部分が椎間板の損傷部位となりますので、その後DST法(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は20分程度でした。


術後

治療後は1時間程度ベッドの上で安静にしていただき帰宅としております。
帰宅時には痛みの軽減が見られていました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

脊柱管狭窄症に対するDST法(ディスクシール治療)の1回目での治療成功率は、北米(米国)及び日本でも病気の重症度により多少変化しますが75-80%前後となっております。
治療に満足していただける患者様も多いのですが、万一改善が乏しい場合には当クリニックでは追加で治療を行う事で治療成績向上に努めています。
予約電話の方では専門のスタッフが疾患ごとの治療成績などもご説明させて頂いておりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。