患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)

患者様の状態

2016年に脊柱管狭窄症に対する外科的手術を行われたが2年ほどで症状が再度出現しスポーツが出来なくなったことから当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

すこし見にくいですが、腰の骨を横から撮影した写真です。
向かって右が背中、向かって左がお腹側です。
腰は腰の骨(腰椎)が縦に並んで出来ています。腰の骨と骨の愛大にはクッション(皆さんがよく軟骨と言われている部分ですが、実際は椎間板です)があります。この写真では、腰の骨にクギ(固定用スクリュ-と言います)が挿入されており、上下の腰の骨(腰椎)を連結し止めています。この手術方法を脊椎-後方固定術と言います。
腰の骨(腰椎)が連結されると、連結されていない、腰の骨(腰椎)やクッション(椎間板)に通常の何倍もの負担がかかってしまい、まずクッション(椎間板)が潰れてきます。その結果 腰の痛みや足の痛みが再発してしまいます。(この現象を隣接椎間障害といいます)


施術内容

DST法

腰椎L1/2・L2/3部分にDST2箇所の治療を行いました。

隣接椎間障害により潰れてしまった、クッション(椎間板)を治療する事で、腰や足の痛みを改善させる治療としてディスクシール治療(DST法)を行います。

まずは局所麻酔薬を使用し、患者様が痛みを感じない様にします。

続いて、クッション(椎間板)を治療するための管を挿入します。

約4分程度で治療用の管を挿入し、正しい位置にあるか、確認をしています。

椎間板のクッションを治療する直前です。


術後

治療時間は20分程度であり、痛みも軽度でしたので治療後1時間程度で歩行していただき、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当クリニックでは、外科的手術を受けられた後再発し、悩まれている患者さまでも対応可能ですので是非ご相談ください。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。