患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

5年ほど前より脊柱管狭窄症の為に、朝の寝起き時や歩いたりするたびに、腰の痛みと左足の痛みが出現し、生活に難渋するようになった。
しかし以前より、心臓病(心筋梗塞)があるため、外科的手術は危険性が高い事からを受けられない為に、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真です。向かって右が背中側 向かって左がお腹側です。腰は、駒の様な骨(腰椎)が縦に並んで出来ています。
駒が縦に並んでいるだけです。ただし駒のような骨(腰椎)同士がぶつかると、骨が痛んでしまいます。
従って骨と骨の間にはクッション(椎間板)があります。クッション(椎間板)がしっかりしていると、骨もそばを通っている足の神経も問題はないのですが、この写真の様にクッション(椎間板)がつぶれてしまうと、骨が痛み→腰痛 神経が痛み→足の神経痛 が出現してしまいます。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
そこでクッション(椎間板)を治療する事で、骨の痛みと、神経の痛みを改善させ、症状を改善させるディスクシール治療(DST法)を行いました。

まずは、局所麻酔を行い、患者様が痛みを感じない様にします。

その後、クッション(椎間板)を治療するための管をレントゲン検査で確認しながら挿入します。

治療用の管が正しい位置にあることを確認しているところです。

クッション(椎間板)を治療する様子を患者様とご一緒に確認し、説明しているところです。

患者様とご一緒に確認した、クッション(椎間板)の損傷部位です。


術後

治療時間は18分程度であり、念のため治療後2時間程度は、個室でお休みいただき、帰宅となっております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

心臓病や人工透析・抗がん剤治療中等の患者様で外科的手術が出来ない患者さまに置かれましても当院では日帰り治療が可能でございますので、一度ご相談いただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。