患者様の情報

80代 男性

疾患・症状


患者様の状態

3年前に脊柱管狭窄症と診断され外科的手術を受けられましたが、昨年春ごろより左足の痛みが出現し歩けなくなってきた為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

治療風景①

腰を横から見た写真です。腰の骨(腰椎)が縦にならんでおり、腰の骨と骨の間に骨同士がぶつからない様にクッション(椎間板)が並んでおります。下側にある3つのクッションが薄くなり潰れています。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。

治療風景②
治療風景③

潰れたクッション(椎間板)を治療して、クッションの機能を改善させるために、まずはクッション(椎間板)まで治療用の管を入れていきますが、まずは局所麻酔で痛みを感じない様にしているところです。

治療風景④

患者様はあまり痛みを感じず、無事に治療用の管が通ったところです。

治療用の管からまずは検査を行い、椎間板の潰れた状況を確認し、同時に治療を行います。治療開始から17分くらいです。


術後

治療風景⑤
治療風景⑥

治療終了後は、患者様を移動用ベッドに移動した後、専用の個室までご案内し、1時間ほど個室用のベッドでお休みいただきます。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

外科的手術後の再発にも対応しております、特にご高齢の患者さまに置かれましては、再度の手術が困難である場合もございます。当クリニックでは年齢に関係なく日帰り治療が可能でございますので、一度ご相談いただければ幸いです。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。