患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

1年以上前より腰の痛みが出現しており、特に前かがみや歩行ができないとの事で来院されました。
ご希望は普通に歩き、買い物をしたいとの事でした。


診察と検査結果

検査では、第3腰椎と第4腰椎間 第4腰椎と第5腰椎間 第5腰椎と第1仙骨間の椎間板変性とヘルニアと第4腰椎の前方滑りを認めました。

その為脊柱管狭窄症を併発していました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S1部分にDST3箇所の治療を行いました。
治療中の様子は自分では見る勇気がないので、ご主人様に同席して見てもらいたいとのご希望がありました。

ご主人が見られていた事で安心されたのか、特に治療中も緊張される事もありませんでした。
造影検査では3か所に椎間板繊維輪の損傷が確認されましたので、DST法(ディスクシール治療)を行いました。


術後

治療後は腰部に鈍痛もなく、ご主人と一緒にお部屋にご案内し2時間の安静ののち帰宅していただきました。
今後1-2か月程度で症状の改善が期待できる見込みである事をご説明いたしました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

患者様が不安に思われる場合は、ご家族様が同伴する形での治療も対応しておりますのでご安心ください。
当院では治療に自信をもっておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。