患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

ご友人にご紹介され、当院を受診されたとの事でした。
症状は、お尻の右側の痛み(坐骨神経痛)が20年以上続いている状態であるとの事でした。
お尻の痛みをとり、歩かれる際のふらつきを改善したいとのご希望がございました。


診察と検査結果

検査では第2腰椎と第3腰椎間 第3腰椎と第4腰椎間 第4腰椎と第5腰椎間の3か所(L2/3 L3/4 L4/5と表記します)に椎間板変性とヘルニアを認め、その部位で脊柱管狭窄の合併を認めました。

椎間板の容量は保たれておりましたが、脊柱管狭窄症の場合には、椎間板損傷が疑われますので、当日の検査と治療をお勧めしました。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5部分にDST3箇所の治療を行いました。
治療中は、局所麻酔を使用しましたが、椎間板に治療用の管が到達すると痛みが出現しました。

慢性的な痛みが続くと、痛覚神経網の増加が生じる事が示唆させており、痛みを感じやすくなる事が原因と考えました。
ただ痛みを感じられた時間は数10秒程度で、治療時間は15分程度で終了しております。


術後

治療後に、通常よりも痛みが強く出現した理由を、ご説明させて頂き2時間ほど専用のお部屋でお休みいただき、無事にご帰宅頂きました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

可能な限り、治療中も痛みを感じない様に治療しておりますが、慢性的な痛みが10年以上続いている場合には、多少の痛みが出現する場合がございます。
ただし治療後には痛みは和らぎ、歩行もできます。
当院の治療で麻痺等の合併症を起こした例はございませんので、ご安心ください。
日々精進し痛みを感じない治療を心がけてまいります。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。