患者様の情報

70代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間孔狭窄症
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

4年前より右のお尻と足に痛みとしびれが出現する(右坐骨神経痛)状態で、2-3分の歩行しかできない(間欠性跛行)状態でした。
3年前より脊柱管狭窄を指摘されていましたが、手術は希望されず当院を受診されています。


診察と検査結果

検査では第3腰椎と第4腰椎間 第4腰椎と第5腰椎間 第5腰椎と第1仙骨間で椎間板の容量が40%程度低下し椎間板が潰れた状態(椎間板変性あり)となっておりました。また随所で脊柱管狭窄症と椎間孔狭窄を認めます。

椎間板治療としては、造影検査を行ったのちに治療方法を最終決定しますが、DST(ディスクシール治療)が必要になる可能性が高いとご説明しました。
また有効率は75-80%前後が見込まれました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
治療中の痛みはほとんどありませんでしたが、L4/5に治療用の管を通過させるときにしびれが出そうになりましたので、管の向きと傾きを変えて神経から遠ざけるように管を操作しました。(写真をご覧ください)

患者様は治療中に随分と余裕があられましたので治療中の動画をご一緒にご確認しながら、治療をさせていただきました。

治療時間は18分程度でした。


術後

治療後2時間で歩行していただき、帰宅となっております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

治療中は、神経の傍を管が通過するとしびれが出現してしまう事がありますが当院ではしびれが出現しそうになった段階で管の向きを操作しながら、しびれさえ出ない様な治療を心がけております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。