患者様の情報

70代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア(脱出型)
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症

患者様の状態

2年ほど前に運動中に腰を痛め、その後左のお尻と左の大腿部の痛みとしびれが出現しており、長時間の歩行ができず、好きなゴルフが楽しめない状態の方でした。


診察と検査結果

検査では第4腰椎と第5腰椎間の椎間板にヘルニアを認めました。
ヘルニアが涙のように垂れ下がっている事と前縦靱帯を超えてヘルニアが存在しているので、脱出型ヘルニアと診断しました。
また一部黄色靱帯や軟部組織の肥厚もあり脊柱管狭窄も合併を認めます。
その他第3腰椎と第4腰椎間の椎間板と第5腰椎と第1仙骨間の椎間板も変性を認めました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
治療中は麻酔がよく効いて、ほとんど痛みが出現することはありませんでしたので、写真の様に検査や治療の様子をしっかりご説明する事ができました。

ヘルニアの繊維輪損傷部位を明瞭に撮影する事ができましたので、局所的な治療ができました。
治療時間は17分でした。


術後

治療後は1時間30分ほどお休みいただき、ご説明をしました。
ゴルフに関しては1か月程度で可能であるとご説明し帰宅となっております。


院長より一言

当院では局所麻酔に使用する針は細く、できるだけ痛みを感じない様に治療させて頂いております。
痛みが少ないと治療中も安心して動画をご覧いただく事ができますし、治療についてご理解が深まります。
患者様の視点に立ち納得いただきながらの治療を心がけております。

※治療効果は個人差があります。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。