患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間孔狭窄症

患者様の状態

今年の5月頃より右側のおしりから太ももの裏にかけて(坐骨神経領域)歩くたびに痛みが出現し、徐々に悪化してしまい今は買い物にも行けない状態で来院されました。
近くのペインクリニックで治療はされていましたが改善が無い状態です。
患者様は外科的手術は年齢的にも絶対に避けたいとご希望がありましたので、当院の椎間板治療について詳しくご説明させて頂きました。
御高齢でもありしっかりご理解けるように診察時間を延長し説明しました。


診察と検査結果

検査では第3腰椎が前方にすべっており、第3腰椎と第4腰椎の間と第4腰椎と第5腰椎の間で脊柱管狭窄と椎間孔狭窄を認めました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5部分にDST2箇所の治療を行いました。
患者様は麻酔が効きにくい体質であるとお伺いしておりましたので、少し多めの麻酔を時間をかけて注入し治療にあたりました。

ご本人様も治療の様子が見たいとご希望されましたので、写真の様に治療の様子をリアルタイムでご説明させて頂きながら検査と治療を行いました。

治療後でも傷口はほとんど目立ちません。


術後

治療中に出現したしびれは完全に消失しており、歩行もすこし楽になられた様子でした。
ご主人とお買い物に行くことをご希望されており、ほっこりした気分になりました。
ただし体幹筋力は低下しておられるため、自由にお買い物に行かれるには、数か月はかかる旨ご説明させていただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当院の椎間板治療は、外科的手術の代用として十分対応可能です。
また治療に関しては、ご希望があれば時間をかけて、わかりやすくご説明させて頂いておりますので、いつでもご相談いただければと思います。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。