患者様の情報

40代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

脱出型椎間板ヘルニアです。もともとぎっくり腰(急性腰痛発作)をお持ちでしたが、今年5月5日に運動をされてから、突然右坐骨神経領域の激痛が出現された方です。
近くのクリニックでお薬やリハビリをされておられましたが、改善が乏しいため当クリニックを受診されました。
運動がしたいとご希望されています。


診察と検査結果

検査では第5腰椎と第1仙骨間の椎間板ヘルニアでした、MRIではヘルニアが涙のように下に垂れ下がっており、脱出型ヘルニアと診断しました。


施術内容

DST法

腰椎5/S部分にDST1箇所の治療を行いました。
患者様は麻酔が効きにくい体質であるとお伺いしておりましたので、少し多めの麻酔を時間をかけて注入し治療にあたりました。
治療中はほとんど痛みを感じられることはなく、椎間板内に穿刺を行う事ができました。

また椎間板ヘルニアの原因部位をしっかりと造影剤で描出する為に、穿刺針の形状を微調整しなくてはならないので少し難しい治療となりました。
穿刺に6分程度、その後の検査治療に4分程度、準備時間も入れますと15分程度で治療を終了しました。


術後

治療直後は膝裏に軽度の違和感を感じておられましたが、1時間程度の安静で違和感も消失し歩行が可能となりました。
動画での治療説明ではヘルニアの原因部分を明瞭に治療している様子を説明させて頂き、患者様に治療内容をよく納得していただきました。
また今後早ければ1か月程度で運動も可能であるとご説明しました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

椎間板ヘルニアはピンポイントでの治療ができるかどうかが今後の改善に影響します。
当院では患者様にもわかりやすくピンポイントで病変部分を説明しご理解いただけるよう努めております。
患者様が理解や納得ができない治療は行うべきではないと考えており、診察時間も患者様毎に30分と長くとっておりますので、いろいろな質問をしていただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。