患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

7年目に脊柱管狭窄症に対して外科的手術(除圧術)を行われ、日常生活も可能な状態が続いておられました。
3ヵ月前より左の臀部から足にかけての疼痛としびれが出現し、歩行ができない状態となられたので当クリニックを受診されました。
もともとテニスを楽しまれていましたが、またテニスができるようになりたいと希望されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査です。
腰の断面を横から見た写真となり、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションの働きがある椎間板が存在しており、腰椎と椎間板の背中側を足の神経が通っています。
この写真では複数の椎間板が潰れており、足の神経も圧迫を受け、炎症が生じている状態と推測されます。


施術内容

DST法

腰椎L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S部分の4箇所にDST治療を行いました。
潰れた椎間板を検査し、治療を行う事で足の神経症状の改善を図ります。
椎間板が潰れている事から、DST(ディスクシール治療)が必要になると推測されました。

患者様のご家族がご見学されましたが、この様に隣室でガラス越しにご覧頂きました。
患者様には鎮静剤で寝ていただき、治療を行っています。

椎間板の造影検査を行っているところです。
黒く映っている部分が椎間板の損傷部位であり、DST(ディスクシール治療)の適応となる部位です。
ご家族が見守られる中、治療を行わせて頂きました。
約18分で治療終了となっております。


院長より一言

本日は4件の治療を行わせて頂きました。
内1件は脱出型椎間板ヘルニアの再発でありました。
まれに再発する事があり患者様にはご迷惑をおかけしておりますが、当院では可能な限り患者様に負担が無いように継続した診療を心がけておりますのでご安心ください。
また、気温も低くなり、明日以降は寒波が到来するとの事です。
皆様もお身体をご自愛頂ければと存じます。
今年もあと6日、当院の診療も29日からお休みとなりますが、気を引き締めて診療にあたりたいと思います。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。