患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症
  • 腰椎すべり症

患者様の状態

令和3年2月頃より、過度なトレーニングが誘因となり、腰痛と足裏のしびれが出現しました。
多数の整形外科病院や整体院を受診されましたが、改善を認めず、スキーシーズンに間に合わない状況となりました。
もともと脳梗塞や食道がんを患っておられる為にリスクが高い状態で、外科的手術も積極的に勧められる状態ではない事から、この度当クリニックを受診されております。


診察と検査結果

腰を横から見たMRI写真です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションであり、関節の働きがある椎間板と呼ばれる組織が存在しております。
また足の神経も傍を通っています。
このMRI写真では3箇所の椎間板が潰れている状態で、神経の炎症を引き起こしているものと推測されます。
神経の通り道を脊柱管と言いますが、狭くなっており脊柱管狭窄症の状態もございます。


施術内容

DST法

椎間板の状態を検査し、腰椎L3/L4、L4/L5、L5/S1部分の3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。
椎間板機能の改善により、腰椎の負荷を取り除き、続いて腰痛の改善が期待されます。
また神経の炎症を2次的に改善することになりますので、足のしびれも改善させる事が可能となります。

治療中は麻酔を用いて患者様には寝ていただきました。
局所麻酔も併用しており、痛みで目が覚める事はありません。
この写真は治療用の管を椎間板まで挿入しているところです。

椎間板造影検査を行い、椎間板の損傷部位を確認しているところです。
黒く映っている部分にDST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は17分程度でした。


術後

治療後すぐに意識が戻り個室までご案内し、2時間ほど休憩していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

本日、治療後15ヵ月経過された患者様が来院されました。
48歳女性で社交ダンスの先生です。
もともと坐骨神経痛があり休講されていましたが、治療後2ヵ月頃よりダンスを再開され、現在は症状もなく経過されているとの事でした。
今後、大会に向けて腰の状態を確認しに来られたのですが、元々あったヘルニアも吸収を認めており、大会に向けての練習も可能であるとご説明していただきました。
1日4時間は練習を行うとの事でびっくり致しました。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)