患者様の情報

60代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

原因は分からないが10年以上前より腰痛が続いており、特に立っている時や腰を屈めたりした時に激しい痛みが出現する状態であるとのことでした。
足の神経症状は認めませんが、日常生活に支障がでるため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査です。
腰を横から見た画像ですが向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んでできています。
腰椎と腰椎の間には椎間板と呼ばれるクッションがあり、腰椎の負担を軽減しています。
また足の神経もそばを通っています。
このMRI検査ではクッションである椎間板が薄くなり、潰れた状態になっているところが複数あります。
椎間板が潰れている為、腰椎の負担が増え、特に前かがみ等の前屈動作で腰痛が発生しやすい状態となっています。


施術内容

DST法

腰椎L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S部分の4箇所にDST治療を行いました。
椎間板を治療する事で腰椎の負担を軽減し、腰痛の改善を図ります。
治療方法としては、椎間板が潰れていることからDST(ディスクシール治療)が必要になります。

レントゲン透視装置を用いて治療用の管を椎間板まで挿入していきます。
本日は局所麻酔だけで行っております。
約6分程度で挿入は終了しております。

挿入後に造影検査を行い、椎間板の損傷程度を評価し、DST(ディスクシール治療)を行いました。
動画では黒く映った部分が損傷した部位であり、DST(ディスクシール治療)が必要な部位となります。
治療の様子は患者様にもお見せしながら行いました。


術後

1時間30分程度で歩行していただきました。
治療後は腰部に鈍痛が出現しておりましたが、1日程度で改善がみられることを説明しております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

私の椎間板治療歴は11年ですが、新大阪で腰痛専門治療を行って3年と5ヵ月で3,000件を超え、年間700件の治療を行っており、怒涛の3年間でした。
紹介患者様が非常に増えており、喜ばしい事と受け止めております。
しかし、同時に費用が高額であり、ご迷惑をおかけしているのも事実であります。
この費用に関しては、治療法や薬品を海外から導入しており、ライセンス料が高い事が大きな要因となっております。
米国では同様の治療が200万円を超えており、わざわざカナダなどから患者様が当クリニックまで来院されております。
日本では国民皆保険という優れた制度があり、GDP比に対する医療費負担は7%前後と抑えられており、国民皆に平等であると同時に競争がありません。
しかし米国ではGDP比16%、EU諸国でも軒並み10%以上です。
競争があり十分な研究開発費を使える欧米諸国に対して、日本が治療技術、特許に遅れをとってしまうのも当然だと思います。
コロナのワクチン開発をみても然りです。
私自身、できるだけ多くの患者様により良い治療を提供する努力はしているのですが、海外の治療薬やライセンス使用料は高額となってしまい、結果的に患者様にご迷惑をおかけしている次第です。
いつの日か、日本が医療技術、特許等で世界に冠たる地位を築いてくれることを祈っております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。