患者様の情報

30代 女性

病名

  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

中学生時代に部活動にて腰を痛めた後、腰痛発作を繰り返されており、腰を捻じる動作などで腰痛が出現するため、日常生活にも支障が生じる状態であられました。
妊娠、出産に伴いお子様の子育てにも支障が生じるため、腰痛治療を目的に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査です。
腰を横から見ており、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側です。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
このMRI検査では1つの椎間板が黒くなっており、飛び出した様な変形を認めております。
ただし椎間板はまだ潰れてはいません。


施術内容

PLDD法

腰椎L4/5部分にPLDD1箇所の治療を行いました。
椎間板内の内圧を下げる事で腰痛症状の改善が期待できますので、PLDD(椎間板レーザー減圧術)を行いました。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき局所麻酔を使用し、椎間板まで治療用の管を挿入していきます。
麻酔により痛みを感じる事はほとんどありません。
椎間板の中をPLDD(椎間板レーザー減圧術)により、治療していきます。

レーザーを試しに照射しているところですが、椎間板内でも同様に照射しております。
レーザー治療中、患者様は痛みを感じる事はありませんでした。


術後

1時間30分程度で歩いて頂き、帰宅していたただいております。
PLDD(椎間板レーザー減圧術)を行った場合、早ければ1ヵ月以内に腰痛の改善が期待されます。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

PLDDの腰痛に対する有効率は80%を超えており、多くの患者様に満足を頂いておりますが、反対に改善が無い場合の対策も必要となります。
当院では、改善が乏しい場合には腰痛に特化したリハビリ等を提供しております。
基本的にはリハビリ専門医の指導の元、患者様個々に併せたリハビリ方法を指導し、ご自身で行って頂けるようなリハビリ方法を覚えていただており、12回の指導で卒業していただく事を目標としております。
当クリニックでは総合的なアプローチを行うことで、患者様の生活水準の向上に寄与できるように心がけております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。