患者様の情報

80代 男性

病名

  • 腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

以前より腰痛を自覚されていましたが、今年の春ごろより腰に負担のかかる仕事をされ、坐骨神経痛を自覚するようになられました。
近くの整形外科で痛み止めの内服を処方されましたが、症状の改善が無く、仕事に支障が生じてしまうため当クリニックを受診されました。
ご高齢ではあられますが、現場での仕事をしたいとのご希望が強くあり、当日診察+治療をご希望されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI検査)です。
腰の骨は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ています。
腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しており、腰椎がずれない様にアンカー(すべり止め)の働きもしてくれております。
この写真では椎間板が潰れ始めており、腰椎が前方に滑っている部分が見えます。
また傍を通る神経も圧迫を受け炎症が生じている可能性が高い状態です。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
椎間板を治療し、本来の機能を改善させることで下肢の神経症状(坐骨神経痛)の改善を図ります。
治療方法は検査を行い最終決定しますが、椎間板の厚みが薄くなりつつあることから、おそらくDST(ディスクシール治療)が必要になると推測されました。

治療室では患者様にうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔による痛み止めを行います。
その後治療用の管を椎間板まで挿入していきます。
今回も患者様は痛みをあまり感じられず5分程度で治療の準備が整いました。
この後すぐにDST(ディスクシール治療)を行っていきました。


術後

治療後は2時間ほどベッドでお休みいただき、治療後の説明をさせて頂きました。
お仕事を出来るだけ休みたくないとの事でしたが、年齢的な事も考慮し、念のため3日ほどお休みいただく方がよろしい事をご説明させて頂きました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

本日の外来にてDST治療後に症状の改善があり、重労働を再開し1年程経過されている患者様が来院されました。
元々あった坐骨神経痛は改善していましたが、仕事終わりに軽度の腰痛が出現するとの事でした。
画像検査は椎間板変性の改善は認めておりましたが、腰椎の変形は残存しておりました。
腰痛の原因としては、過度な負荷が原因と判断し、体幹トレーニング等での負荷軽減をお勧めしました。
腰に負荷のかかるようなお仕事では、お体づくりも大切であると痛感した次第です。
腰痛専門リハビリに関しても、リハビリ専門医より患者様に対して個別指導させて頂いておりますので、ご用命いただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。