患者様の情報

80代 女性

病名

  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

6年前に腰痛と両足の神経痛が出現し、近くの整形外科で脊柱管狭窄症と診断され、外科的手術(固定術)を受けられました。
手術後も症状の改善が無い状態でしたが、1年程前より両足のしびれと痛みが悪化し、歩行も困難となってきました。
年齢的に再手術はリスクが高いことから、今回当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のレントゲン検査です。
腰を真横から見た写真になりますが、金属のボルトが背骨(腰椎)に入っております。
ボルトの上の背骨(腰椎)の並びが歪んでいるのが、見て取れます。
背骨(腰椎)と背骨(腰椎)の隙間も潰れております。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
背骨(腰椎)と背骨(腰椎)の間にはクッションの働きのある椎間板がありますが、椎間板が潰れている事が神経痛の原因になるため、椎間板にDST法(ディスクシール治療)を行いました。

治療前には背骨の状態を確認し、治療が円滑に行えるようにシミュレーションを行っているところです。

患者様にうつ伏せに寝ていただき、椎間板まで局所麻酔を用いて治療用の管を挿入しているところです。
約5分程度で挿入は完了しました。

続いて、クッションである椎間板を検査しているところですが、椎間板の損傷を造影剤で映しています。
黒く映った部分が椎間板が損傷している部位であり、DST法(ディスクシール治療)を行う部分となります。
治療時間は合計で20分程度でした。


術後

患者様の坐骨神経痛は30%程度改善を認めておりましたが、DST法(ディスクシール治療)の場合は、治療効果が最大化するには数ヵ月はかかることを説明しております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

明日11月13日(土曜日)は、治療担当医の石田医師がお休みです。
しかし、すでに4件の治療予約と新規外来枠も埋まっており、大変忙しくなることが予測されます。
本日は21時までには自宅に帰り、早く休みたいと考えております。
皆様も日々お忙しいとは存じますが、お体をご自愛頂ければと存じます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。