患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症
  • 腰椎すべり症

患者様の状態

長年腰痛に悩まされていおられましたが、今年になり痛みが悪化されました。
歩くだけで腰痛が出現し、生活にハリがなくなってしまったため、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

MRI検査では背骨を支えているクッション(=椎間板)が潰れており、慢性腰痛の原因と判断しました。
また体幹筋力の低下も認めました。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッションである椎間板を治療する事で背骨の負担を軽減し、腰痛の改善を図ります。
治療法としては、DST(ディスクシール治療)を行いました。

少しだけ足のしびれを感じられましたが、痛み止めを使用してすぐにしびれは消失、患者様も落ち着いておられました。
最終的に20分程度で治療は終了しております。

治療後の背中です。
ポツポツと赤くなっているところが4箇所あり、その部分が傷跡となります。
しかし、翌日には傷が癒えますので傷跡は残りません。


術後

治療後は1時間ほど休んでいただいた後に歩いて頂き、腰痛は3割程度改善を認めておりました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

患者様は富山県より一人でお越しになられておりました。
お話をお伺いすると、新大阪駅からサンダーバードに乗って、自宅まで4時間かかるとおっしゃられておりました。
14時ごろにクリニックを出られましたので、夕方にはご自宅にご到着されるかと思いますが、非常にお元気な85歳の患者様であられました。
私も負けない様に頑張りたいと思う次第です。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。