患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

1年前より右の臀部と右足に痛みとしびれが出現し、近くの整形外科で脊柱管狭窄症と診断され、リハビリを継続するも改善がない状態でした。
特に階段を降りる際に痛みが強く出現しており、出歩く事も出来なくなってこられました。
外科的手術を提案されるも、切るような手術に対して非常に強く恐怖心があり、手術を拒否されたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横からみた写真(MRI検査)です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しています。
また傍には脳と足を繋いでいる神経が通っています。
この写真では2箇所の椎間板が潰れており、クッションの働きが低下した結果、腰椎がグラグラと動揺したため、神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症を発症しています。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
椎間板を治療する事で腰椎の動揺を改善させ、神経痛の改善を図ります。

患者様より眠らせてほしいとのご希望があり、鎮静剤を使用し、まず寝ていただきました。

寝ていただいている間に痛み止めを使用し、治療用の管を椎間板まで挿入しました。

治療後、患者様にご説明する為にも治療の様子を動画記録しております。
黒く映っている部分が椎間板の損傷部位であり、その部分にDST(ディスクシール治療)を行いました。


術後

治療直後にお目覚めになられ、「もう終わったの?」と言われました。
まったく治療中の記憶はございませんでした。
その後、さらに2時間ほどベッドでお休みいただき、治療後の説明を行い帰宅していただきました。
また帰宅時には足の疼痛は5割程度まで改善を認めておりました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

鎮静剤を使用し、寝ていただいている間に治療を行うことも可能です。
私は麻酔科でもありますので鎮静剤の取り扱いには慣れておりますし、循環器専門医でもありますので鎮静中の患者様の管理にも自信をもっております。
治療が怖いと言われる患者様には、この様に鎮静剤を使用しての治療も可能でございますので、ご用命いただければと存じます。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。