患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

10年前に椎間板ヘルニアに対して外科的手術を受けられるも、腰痛が残っている状態であられました。
最近になり左のおしりに痛みが出現し、歩くと痛みが悪化する状態となられました。
近くの整形外科では年齢的にも外科的手術は困難であると言われ、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は基本的に腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ています。
腰椎と腰椎の間にはクッションの働きがある椎間板が存在しており、脳と足を繋いでいる神経(=脊髄や馬尾神経と呼ばれます)も腰椎や椎間板の後ろ側を通っています。
この写真では、複数の椎間板が潰れており、腰椎のダメージを受け変形して、神経も圧迫を受けている状態です。
この為、患者様に腰痛と神経痛が出現していると判断しました。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッションである椎間板を治療することで、腰椎と神経の負担と圧迫を解除します。

治療用の管を椎間板まで挿入しているところです。
4か所に挿入するには約5分程度かかりました。

患者様は痛みを感じていませんので、治療中の様子をご覧になりたいと申し出もあった事から、治療の様子を動画で説明しているところです。

患者様がご覧になられた治療中の動画です。
治療前に患者様に説明しておりましたので、理解していただきながら治療することができました。
治療時間は18分でした。


術後

治療後、腰痛は残っていましたが、坐骨神経痛は5割程度改善を認め、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

DST法(ディスクシール治療)に関して、現在複数の医療機関様が米国のディスクシールテクノロジー社にライセンス申請を行っておられますが、新型コロナの影響もあり、米国での医師の研修自体が困難な状態になっていることから、当クリニックがDST(ディスクシール治療)の研修施設として認定されました。
現在、大学病院の医師1名に指導を終えたところです。
今後、関東地方にも新規クリニック開設も予定されておりますのでご期待ください。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。