患者様の情報

90代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

1~2年前より季節の変わり目や雨などの天候不良時に臀部のしびれと疼痛が出現しておられました。
最近になってしびれが強く出現するようになったため歩行に支障がでており、スムーズな動作が困難となってきたので当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI検査)です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しています。
椎間板は腰椎の負担を取り、関節の働きを行ってくれております。
また傍には足の神経が通っています。
この写真では3か所で椎間板が潰れており、足の神経の通り道も狭くなっています、神経の通り道が狭くなることを脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/Sの計3箇所にDST法による治療を行いました。
椎間板に治療を行い、足の神経症状の改善を図ります。

患者様にうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔で痛みを取り除いているところです。
痛みをほとんど感じなくなるようにしっかりと麻酔を行います。

椎間板に造影検査を行っているところですが、黒く映った部分が椎間板繊維輪の損傷部位になります。
繊維輪損傷部位にDST法(ディスクシール治療)を行っていきます。


術後

治療後は2時間ほどで歩行が可能となり、帰宅していただく事が出来ました。
91歳とご高齢ではあられましたが、しっかりとした足取りでお一人で帰宅されました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当院の治療は極めて負担が少なく、傷を残さず治療する事が可能ですので、ご高齢の患者様であってもお一人でお越しになられる方も多くございます。
また、お一人でお越しになられる場合は、病院の位置がわからなくなる事もあります。
その場合には、電話を頂ければ、新大阪駅までお迎えさせて頂いておりますのでご安心ください。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。