患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)

患者様の状態

5年前に脊柱管狭窄症と診断され、市立病院で外科的手術を受けられました。
その後症状は改善傾向にあり、日常生活も楽になっておられましたが、2年前より両膝より下の部分に痛みとしびれが出現し、脊柱管狭窄症の再発と坐骨神経痛と診断されました。
内服薬を飲まれるも改善が無い為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI)です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側です。
腰の骨は小さな骨(腰椎)が縦に並んで出来ております。
腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板があり、腰椎の負担を軽減してくれております。
また足の神経が腰椎と椎間板の傍を通っています。
この写真では4か所の椎間板が薄くなっております。
薄くなる事を高度椎間板変性と言います。
椎間板の機能が失われた為に腰椎が動揺を繰り返し、神経の通り道を圧迫している状態です。
圧迫している事を脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
椎間板機能の改善にDST法(ディスクシール治療)を行うことで腰椎の動揺を改善させ、神経症状の改善を図ります。
DST法は米国で行われている特許治療で技術認定を受け、さらにライセンス契約が必要な椎間板治療です。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔で痛みを取り除きます。
その後治療用の管を、椎間板の中まで挿入します。

椎間板の損傷部を特定する為に検査を行っているところです。
その後DST法(ディスクシール治療)を行っていきました。


術後

1時間30分程お休みいただき、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

DST法(ディスクシール治療)では、症状が改善後に激しい運動を再開した場合に、一部症状が再発する可能性があります。
激しい運動やスポーツを再開できる楽しみも理解できるのですが、ほどほどに楽しむ程度でお願いいたします。
つい先日もゴルフをやりすぎて坐骨神経痛が少し出現してきたとのご連絡がございました。
また男性の方にその傾向が強く見られます。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)