患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症

患者様の状態

1年ほど前より臀部と右大腿の裏側に鈍い痛みが出現し、日常生活に支障が生じていました。
最近になり痛みが強く出現し、歩く時に前かがみ(前屈姿勢)でしか歩くことが出来なくなってきました。
もともと脳梗塞があり、外科的手術はできないと言われいたため、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

患者様のMRI検査です。
椎間板が潰れており、飛び出したような変形(椎間板ヘルニア)を認めております。
神経も圧迫されており、不揃いな形に見えます。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5部分にDST3箇所の治療を行いました。
クッションである椎間板に対して検査を行い、椎間板損傷のある部分を治療していきます。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔で痛みを取り除いた後に、治療用の管を椎間板まで挿入していきます。

椎間板の検査を行っているところです。
患者様にも検査と治療の様子を見ていただきました。

実際の造影検査の様子です。
黒く映っている部分が損傷部位となります。
3箇所の同時治療で治療時間は20分程度でした。


術後

治療後は2時間ほどお部屋で休んでいただき、診察後に帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

本日10月16日は計4名の患者様に治療を行いました。
その中で88歳と比較的ご高齢の患者様の治療に関してご紹介をさせて頂きました。
私としては基本的に内服薬などの保存的治療を優先するべきだと考えておりますが、病気が進行してしまうと内服薬が効かず、手術もできない患者様が多くおられます。
そのような患者様にとって、当クリニックの日帰り治療は良い適応と考えます。
電話対応スタッフは、治療についても熟知しておりますのでお気軽にご相談ください。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。