患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

以前より腰痛があったが、今年になってから臀部と大腿部の痛みとしびれが出現し、歩行するのも困難となってきたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

患者様の写真(MRI)では腰椎が歪に並んでおり、椎間板も潰れ、神経も圧迫されて炎症が生じている可能性が示唆されます。


施術内容

DST法

腰椎L1/2・L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST5箇所の治療を行いました。
腰椎の不安定性を改善させ、神経症状の改善を図ることを目的に椎間板治療(DST法・ディスクシール治療)を行います。

患者様にうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔を用いて治療用の管を椎間板まで挿入しているところです。

患者様は痛みをあまり感じられなかったので、検査や治療の様子を動画を見ながらご説明しているところです。

椎間板造影検査の様子ですが、黒く映っているところが損傷部位です。
患者様にもわかりやすく説明いたしました。
5箇所を同時に治療したため、治療時間は24分かかりました。


術後

治療後は2時間ほどベッドでお休みいただき、診察後帰宅して頂きました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

本日は九州から2名お越しになられ治療をさせて頂きました。
新型コロナが落ち着きましたら私も家族と九州地方へ旅行に行きたいと思っております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。