患者様の情報

70代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

5~6年程前より、前かがみや体を反らす動作をするとお尻の部分と右太もも裏側に痛みが出現し始めました。
その後改善する事がなく、趣味であるヨガや太極拳が出来なくなってきた為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI検査)です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は小さな骨(腰椎と言います)が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである、椎間板が挟まれています。
また傍には足の神経が通っています。
この写真(MRI検査)では椎間板が飛び出しているところが4か所あり、それを椎間板ヘルニアと言います。
また神経の通り道が狭くなっているところがあり、脊柱管狭窄症と言います。
足の神経が圧迫され、炎症を生じている状態です。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッションである椎間板を治療することで腰椎の動揺を抑制し、足の神経症状を緩和させます。
椎間板の治療方法としては造影検査を行い、最終決定します。

患者様にはうつ伏せに寝ていただきます。
その後局所麻酔を用いて、椎間板まで治療用の管を入れていきます。

患者様は痛みもなく落ち着いておられたので、椎間板検査を動画でご一緒に確認していただきました。
この写真の様に患者様の目の前に画面を移動させます。

椎間板検査の様子です。
患者様にご説明しながら検査しております。
その後すぐに椎間板治療としてDST法(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は合計で21分程度でした。


術後

2時間ほどベッドでお休みいただきました。
その後、診察をさせていただき、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当クリニックの椎間板治療は5種類ございますが、いずれも1度の日帰り治療で終了します。
従って遠方の患者様でも治療が可能となっており、新型コロナ前にはアメリカまで行って治療を受けられない東南アジア、中東、北欧の患者様も多数来院されておりました。
現在もお問い合わせのメールや遠隔での画像相談をしており、治療予約はすでに100件以上溜まっている状態です。
しかし、それだけの治療件数となるとマンパワーが不足してしまいますので、急ぎ後進の医師を教育している状況です。
幸い、当クリニックの石田医師は椎間板治療の研修過程を終えて、順調に治療が行えるまできております。
今後、新型コロナが落ち着く時が待ち遠しいと思う反面、忙しくなる予感がしてなりません。
体は資本であるとよく言われますが、皆様も健康には十分ご留意頂きたく存じます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)