患者様の情報

60代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI)です。
向かって右側が背中側となります。
腰は小さな骨(腰椎)が縦に並んで出来ており、間にクッションである椎間板が存在します。
また傍には足の神経が通っています。
この写真では明らかなに椎間板が潰れているところが1か所見えます。
クッションが潰れております。
その結果、傍にある足の神経に炎症が生じ、坐骨神経痛が続いている可能性が示唆されます。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
潰れた椎間板の原因を検索し、治療を行う事で足の神経に生じている炎症の改善を図ります。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔を用いて痛みを取り除きます。
その後治療用の管を椎間板まで挿入していきます。

治療用の管が正しい位置にあるのか、レントゲン検査で確認をしているところです。

椎間板に検査を行っているところです。
黒く映った部分が椎間板の損傷部位です。

DST法(ディスクシール治療)を行っているところです。


術後

2時間ほどベッドでお休みいただき、その後診察をさせて頂きました。
診察時には痛みが3割程度改善している状態でした。
さらなる改善には早くても1ヵ月程度は必要であるとご説明し、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

毎日4件、金曜日には7件の椎間板治療を行っていますが、治療予約は1ヵ月先まで埋まっている状態です。
新型コロナの第5波が落ち着き、治療予約も増えており、お待ちの患者様には大変ご迷惑をおかけしております。
この場を借りて、お詫び申し上げます。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。