患者様の情報

70代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

50歳頃に腰痛が出現し椎間板ヘルニアを指摘されていたが、痛みはそれほどないため様子を見てました。
令和3年5月頃よりお尻と両方の足に痛みが強く出現してしまい、まったく改善が無い事から当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI)です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は小さな骨(腰椎)が縦に並んで出来ており、小さな骨(腰椎)と骨の間にはクッション(椎間板)があり、骨同士の負担を取り除いており、関節の働きもあります。
また傍には足の神経が通っています。
この写真(MRI)では複数のクッション(椎間板)が潰れており、足の神経が圧迫されているところが見え、一般的に脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッション(椎間板)に治療を行う事で足の神経の炎症を改善させる目的でDST法(ディスクシール治療)を行いました。

患者様はうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔を用いて痛みを取り除いているところです。

クッション(椎間板)まで治療用の管を挿入したのち、造影検査を行っているところです。
動画で黒く映る部分がクッション(椎間板)の損傷部となります。
損傷部位に対して、この後DST治療(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は20分程度でした。


術後

ベッドで1時間30分程度お休みいただき、再度診察にて治療内容を説明した後に帰宅していただきました。
診察時には坐骨神経痛の改善がみられていましたが、本格的な改善に関しては数ヵ月かかる見込みである事を説明いたしました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当クリニックでは5種類の椎間板治療として①DST(ディスクシール治療)、②PIDT、③PLOT、④PODT、⑤PLDDをご用意しております。
何れも日帰りでの治療が可能なものに限定し、また①~④の治療は海外でも保険診療(任意保険)が認められている治療です。
また治療成績に関しては病気の重症度により違いがありますが、70~90%前後の有効率となっております。
私の治療成績は海外の治療成績と比較しても同等であり、この度DST(ディスクシール治療)に関しては指導担当となり神戸大学病院の石田医師に対し教育指導を行っています。
また関東方面の医師からも指導依頼を受けており、来年には東京での治療開始が視野に入っています。
できるだけ多くの患者様に日帰りでの治療が提供できるように努力してまいりたいと思います。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。