患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

2年ほど前より動作が緩慢となってきたため、近くのクリニックを受診されたところ脊柱管狭窄症と診断されました。
2021年7月頃より足の痛みが悪化し、歩くことも困難となった為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI)です。
向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は小さな骨(椎体ないし腰椎)が縦に並んで出来ていますが、骨と骨の間にはクッション(椎間板)が挟まっており、骨(椎体ないし腰椎)の負担を軽減しています。
また傍には足の神経が通っています。
この写真では複数のクッション(椎間板)が変形しており、飛び出している様子(椎間板ヘルニア)を認めます。
また骨のずれがみられ、すべり症もあり、足の神経が圧迫されている様子が見られます。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/L5・L5/S1部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッション(椎間板)を治療することで骨(椎体ないし腰椎)の不安定性を改善し、足の神経への炎症を改善させる事を図ります。

患者様にはうつ伏せになって頂き、局所麻酔を使用し痛みを取り除いていきます。

続いてレントゲン検査を使用しながら、治療用の管をクッション(椎間板)まで挿入します。
今回患者様は痛みを感じることはありませんでしたが、時にしびれが出現する事もあります。

治療用の管が正しくクッション(椎間板)まで入っているか確認した後に検査を行います。

黒く映っているところがクッション(椎間板)の損傷している部位です。
続けて治療を行いました。
治療時間は17分程度でした。


術後

治療後は2時間ほど安静になって頂き、歩いて帰宅していただきました。
治療後の診察時には左足の痛みは軽減しており、早期の効果が期待できました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

中等症以上の脊柱管狭窄症に対するDST治療(ディスクシール治療)の改善率は、足の神経痛に対しては75%前後となっております。
この改善率は北米のデータやディスクシールに関する論文でも同様の結果となっています。
しかし当クリニックでは、改善が不十分な場合に追加でPODT(椎間板オゾン治療)を行う事でさらなる改善率の向上を図っておりますし、可能な限り満足いただけるように対応および対策させて頂いておりますので、一度ご相談いただければ幸いです。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。