患者様の情報

50代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症

患者様の状態

もともと腰椎すべり症と脊柱管狭窄症を指摘されておられたが、2021年に入ってから新型コロナの影響で運動が出来なくなり、左臀部と左脚を中心に激しい痛みとしびれが出現しはじめました。
特に仰向けで寝た時や体を反った時、歩いている時に痛みが強くなり、日常生活にストレスが生じている状態で当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真です。
向かって右が背中側、向かって左がお腹側となります。
腰は小さな骨(椎体)が縦に並んで出来ており、間にクッション(椎間板)が挟まれています。
また傍には足の神経が通っています。
この写真ではクッションが黒くなっており、潰れているところが3箇所見られます。
また小さな骨(椎体)がずれてきており、すべり症と言われる状態になっています。
その結果、脚の神経に障害が出現し、激しい痛みの原因となっています。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
DST法(ディスクシール治療)により、クッション(椎間板)を修復する事で脚の神経障害を改善させます。

治療前にどのようにクッション(椎間板)までアプローチしていくかイメージしています。

局所麻酔を使用し、患者様の痛みを取り除き、治療の準備をしてきます。

治療前にイメージした方法で治療用の管をクッション(椎間板)まで通過させます。
この間約5分程度です。

患者さまは痛みをほとんど感じておられなかったので、治療の様子を見ていただく事が出来ました。

腰の骨(椎体)がすべりを起こしているところを、治療している様子です。
患者様にご説明しながら治療を行っています。
治療時間は合計14分程度でした。


術後

治療後は2時間ほどベッドで安静にしていただき、帰宅していただきました。
症状は早ければ数週間で改善が期待できるとご説明しております。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

ちょうど11年前の9月に郡山青藍病院の理事長である野中家久先生のご指導のもと、初めてPLDD(椎間板レーザー減圧術)を行いました。
その後PODT(オゾン椎間板治療)やPIDT(椎間板インプラント治療)、DST(ディスクシール治療)と今日まであっという間に月日が流れて、最近では後輩の指導を行う日々となりました。
ここまで治療が続けてこられたのは、多くの先生方(家久先生、レオナルディ先生、パウザ先生)や協力して下さったスタッフの方々のおかげです。
これからもたくさんの患者様に満足していただけるように精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。