患者様の情報

40代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)

患者様の状態

令和2年12月に椎間板ヘルニアに対して、外科的摘出術を施行されるも、症状の改善が無い為、ご友人の紹介で当院を受診された患者様です。
前屈および後屈により症状が増悪する状態で、日常生活にも相当の支障が生じておられました。


診察と検査結果

腰椎全般に椎間板変性(MRIで黒くなる=低信号と椎間板が薄くなる)と椎間板ヘルニアを認めますが、特にL3/4では外科的手術後の影響もありますが、巨大なヘルニア性変化を認めます。 坐骨神経領域の痛みはL4/5以下が原因である可能性もあります。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5部分にDST3箇所の治療を行いました。
局所麻酔を用いて、治療用の管を各椎間板内まで留置しました。管を留置する際、足に2秒程度しびれが出現しましたがすぐに消失しており、患者様は終始落ち着いておられましたので、検査と治療のご様子を動画でご説明しながら、ご一緒に治療にあたりました。
治療中には、ほとんど痛みを感じませんので、しっかり治療をご理解いただけたと思います。

治療後にお声がけ致しますと、『もうおわったんですか』とおっしゃられましたので、しっかり治療させて頂きましたとお答えいたしました。


術後

その後 1時間30分程度お休みになられた後、ご家族にも動画のご説明を行いお帰り頂きました。
お帰りの際には右足のしびれと疼痛が改善している状態でお褒めのお言葉を頂きました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

外科的手術後の再発例に関しても、日帰り治療を行っております。十分に経験もございますので、難治症例に対してもご相談いただければ幸いです。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。