患者様の情報

60代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

30代後半より、腰と左おしりの痛みがあり、発作的にひどくなる状態で、腰をねじるときや、後屈時に痛みが悪化する状態でした。
また介護のお仕事を中心にされておられ、仕事ができない状況となり、当院を受診されました。ご希望は『痛みとしびれの軽減』でありました。


診察と検査結果

第3腰椎と第4腰椎間の椎間板(L3/4) 第4腰椎と第5腰椎間の椎間板(L4/5)第5腰椎と第1仙骨間の椎間板(L5/S)に椎間板変性(MRIで黒くなる=低信号と言います、椎間板が薄くなる)と椎間板ヘルニアを認めました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
局所麻酔が良く効いて、痛みはほとんど感じられることがなく、3分程度の時間で、スムーズに椎間板内まで治療用の管を留置する事ができました。

ただし緊張もあられたのか、患者様より、治療の様子は後で説明するように指示を受けましたので、治療動画はお見せする事無く、速やかに検査と治療を行いました。

L4/5の造影検査の様子です。繊維輪の損傷が明瞭に描出されています。治療時間は12分程度でした。


術後

ベットに移動していただき、帰室していただき、2時間程は安静にしていただきました。
また治療後の診察では、患者様に対して症状改善には4か月前後は必要になる旨ご説明し、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

慢性腰痛の場合には椎間板損傷が進行している可能性が高いので、症状が改善するまでには時間を要する場合が多くございます。
症状改善までに時間がかかる場合には定期的にご連絡等をさせて頂いておりますので、経過の長い腰痛や下肢の神経症状に対してお悩みの患者さまも、安心してご連絡いただければと存じます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。