患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

背中から腰にかけての痛み 左足の痛みとしびれがあり好きなゴルフができないとの事で来院されました。
最近は安静時にも痛みが出現しており、ペインクリニックに通院されるも改善がない状態との事でした。旅行とゴルフをしたいとのご希望がありました。


診察と検査結果

第4腰椎と第5腰椎間(L4/5) 第5腰椎と第1仙骨間(L5/S)の椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症及び椎間孔狭窄症を認めました。


施術内容

DST法

腰椎L4/5・L5/S部分にDST2箇所の治療を行いました。
L4/5 L5/S椎間板の隙間(間隙)は十分ありましたので、3分程度で治療用の管を留置しております。

患者様に治療の様子をご一緒に見られるか確認したところ、『先生にまかせるわ』とおっしゃられたので、すべて治療後に動画のご説明をさせて頂く旨をご説明し検査治療にあたりました。 造影検査では予測通り、繊維輪損傷を認めましたので、DST(ディスクシール治療)を行いました。

治療中痛みはほとんどありませんでしたが、腰部の圧迫感を訴えられました。治療時間は14分であり、患者様はびっくりされておられました。


術後

2時間程度の安静の後、診察室にて治療内容をご説明しました。コロナ(Covid-19)が落ち着いたら旅行とゴルフをお楽しみくださいとお伝えしご帰宅いただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

症状が改善し、いろいろと動きたくなるとは思いますが、大切な患者様がCovid-19により、変なことにならないように、今後も失礼を承知の上で、ご意見申し上げる事がございますが、お許しください。また私も十二分に気をつけて診療にあたっております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。