患者様の情報

40代 男性

病名

  • すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

もともと腰痛があり、時折臀部の痛みを自覚されていましたが、昨年12月頃より悪化し、立つことが出来ないほど、右臀部と右足の痛みとしびれが悪化し来院されました。


診察と検査結果

MRI検査では第4腰椎と第5腰椎間の椎間板(L4/5) 第5腰椎と第1仙骨間(L5/S)の椎間板にヘルニアを認めました。
またL4/5では椎間板が潰れかけている状態であり、おそらく繊維輪損傷の可能性が高いと判断しました。
レントゲン検査では第4腰椎が前方にすべっている様子が明瞭に観察されます。


施術内容

DST法

腰椎L4/5・L5/S部分にDST2箇所の治療を行いました。
痛み止めの局所麻酔薬を少量使用し、痛みを取ってから、L4/5 とL5/Sの椎間板まで治療用の管を持っていきました。 その間患者様はほとんど痛みを訴えられる事はありませんでした。落ち着いておられたので、ご一緒に検査と治療の動画を見ていただきながら納得した上で治療を行いました。 患者様ご自身の目で見ていただくと、治療もやりやすいです。治療時間は10分程度でした。


術後

治療後は2時間の安静後、しっかりとした足取りで歩行していただき、帰宅となっております。また症状改善には数か月は要するかとご説明させて頂きました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

治療に関しては、可能な限り痛みをとり、患者様とご一緒に治療にあたる様に心がけております。
ご要望に応じて治療後でも動画を使ったご説明はさせて頂いておりますので、ご安心ください。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。