患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • すべり症
  • FBSS(脊椎手術後疼痛症候群)

患者様の状態

8年ほど前より、左おしりの痛みが歩くたびに出現し、ゴルフができなくなったとの事でお越しになられました。以前椎間板ヘルニアに対して手術をされおられ再発と判断しました。
『ゴルフがしたい』とおっしゃられていました。


診察と検査結果

第3腰椎と第4腰椎間(L3/4) 第4腰椎と第5腰椎間(L4/5) 第5腰椎と第1仙骨間(L5/S)で高度椎間板変性(椎間板が潰れた状態)であり、脊柱管狭窄症と腰椎すべり症を認めました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
問題として、L5/Sの椎間板の隙間(間隙)がすでにない為に、治療用の管が留置に困難が予測させれました。治療前に入念にアプローチの方法を考察した上で、手技を開始しました。

治療用の管の形状をS字フック状の変化をつける事でL5/Sに治療用の管を留置しました。
難易度は高かったですが、5分程度の時間で済みました。患者様は痛みがほとんどなかったので、検査と治療の様子を見ていただきました。


術後

治療後は2時間程度お休みになられ、ゴルフをプレーする希望を胸にご帰宅頂きました。
尚ゴルフに関しては1か月後を目安に再開していただくようにご説明いたしました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

難治症例でも、可能な限り治療対応しております。無料画像相談もしておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。