患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • すべり症
  • FBSS(脊椎手術後疼痛症候群)

患者様の状態

8年ほど前より、左おしりの痛みが歩くたびに出現し、ゴルフができなくなったとの事でお越しになられました。以前椎間板ヘルニアに対して手術をされおられ再発と判断しました。
『ゴルフがしたい』とおっしゃられていました。


診察と検査結果

第3腰椎と第4腰椎間(L3/4) 第4腰椎と第5腰椎間(L4/5) 第5腰椎と第1仙骨間(L5/S)で高度椎間板変性(椎間板が潰れた状態)であり、脊柱管狭窄症と腰椎すべり症を認めました。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。
問題として、L5/Sの椎間板の隙間(間隙)がすでにない為に、治療用の管が留置に困難が予測させれました。治療前に入念にアプローチの方法を考察した上で、手技を開始しました。

治療用の管の形状をS字フック状の変化をつける事でL5/Sに治療用の管を留置しました。
難易度は高かったですが、5分程度の時間で済みました。患者様は痛みがほとんどなかったので、検査と治療の様子を見ていただきました。


術後

治療後は2時間程度お休みになられ、ゴルフをプレーする希望を胸にご帰宅頂きました。
尚ゴルフに関しては1か月後を目安に再開していただくようにご説明いたしました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

難治症例でも、可能な限り治療対応しております。無料画像相談もしておりますので、お気軽にご相談ください。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。