すべり症とは?症状や原因

腰椎すべり症は、何らかの原因により腰骨(腰椎)が前方へ滑り出してしまう疾患です。
発症する明らかな原因はわかっていませんが、腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫された結果、腰痛や脚の痛み、坐骨神経痛といったしびれ等のさまざまな症状を引き起こします。
背骨の神経の圧迫が強い場合は間欠性跛行といった、少しの距離を歩くだけで臀部や太ももに痛みやしびれを感じ、少し休息を取ることで痛みは緩和するものの、再び歩き始めると痛みやしびれが出るといった症状が特徴です。
一度ずれてしまった腰椎は自然には戻らないため、一度すべると元に戻す事は難しいとされています。
また腰椎すべり症は主に「分離すべり症」と「変性すべり症」の2種類に分けることができます。

分離すべり症

動作や運動によって腰部に過剰な負荷がかかることによって、背骨の本体である椎体と関節を支えている椎弓が分離してしまう状態を指します。
思春期のスポーツ活動やアスリートによる腰の骨の疲労骨折である「腰椎分離症」が先んじて生じ、第5腰椎に疾患が見られることが多いのが特徴です。

変性すべり症

加齢に伴い骨と骨の間にある椎間板や靭帯など、腰椎が変性し不安定となりずれてしまった状態を指します。
分離すべり症に比べ発生の頻度が高く、脊柱管狭窄を伴うことが多いという特徴があります。


すべり症の治療方法

保存的療法の治療効果とリスク

治療の効果と治療期間

腰椎すべり症の治療は、まず薬物療法や理学療法などの保存療法が行われます。
コルセットを使用して腰の負担を軽減、消炎鎮痛剤や神経障害性疼痛治療薬の処方、神経ブロック注射などを行います。
治療と並行して、ストレッチや筋力トレーニングなどのリハビリ、腰椎のけん引や温熱療法を実施することで痛みやしびれなどの症状の軽減を図ります。

治療のリスク
保存的治療は根本的な治療にはならないため完全に痛みを取り除くことはできません。
これらの保存的療法を行っても症状が軽減されない場合や、重度の症状により日常生活に支障を来す場合には手術療法を検討します。


手術の治療効果とリスク

治療の効果と治療期間

手術療法では骨がずれて神経が圧迫されている状態を改善するために、まずは椎弓切除術あるいは形成術と呼ばれる除圧術、さらに必要に応じて脊椎固定術を行うこともあります。
手術では神経への圧迫を取り除き、不安定な状態になっている背骨の安定を図ることを目的とします。

治療のリスク

腰椎固定術や腰椎後方除圧術は神経や血管を傷つける可能性があります。
感染症になるということは絶対ないとは言い切れず、手術した箇所に細菌感染して化膿することがあります。
脊椎固定術に関しては、固定用器具の破損やスクリューでの固定が緩くなって腰椎がずれた、または、医師とのコミュニケーション不足が原因で患者様の体質に気づかず、術後に金属や人工材料によるアレルギー反応が出てしまったというリスクがあります。
また固定器具を付けることで腰に違和感や、倦怠感、痛みが長い方で約1年間症状が現れる事もあります。
日常生活の動作も制限されるため、背骨を固定する事によって腰を曲げたり捻ったりする動作は困難です。


まとめ

腰椎固定術や腰椎後方除圧術は手術のリスクが高い方や一度手術をして再度治療を行う方にとって手術ができない場合もあります。
当院ではすべり症に対応する治療法としてDST法(ディスクシール治療)があります。
手術リスクの高いご高齢の方や再治療を望む方も対応が可能です。
変性してしまった椎間板を修復・再生させることですべり症の原因となる脊椎のずれが進まないように予防できます。
また分離すべり症のように不安定になった脊椎を安定させ痛みが起きないように予防します。
腰椎すべり症でお困りの方は、是非当院にご相談くださいませ。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)